上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 オートフィルを使うと、マウス操作だけで連続データが作成できますが、連続データの件数が多いと、ドラッグも大変ですよね。

 大量の連続データを入力したい場合は、「フィル」を使うと便利です。

 例)セルA1からA10000まで、連続データ(1~10000まで)を入力する場合。

 1.セルA1に、「1」を入力。
 2.セルA1を選択した状態で、ツールバーの「編集」から「フィル」を選び、「連続データの作成」を選択。
 3.「連続データ」の画面が表示されたら、「範囲」を「列」に変更し、「停止値」に「10000」を入力します。
   (「種類」は「加算」、「増分値」は「1」のままで、今回はOKです。)
 4.「OK」ボタンを押せば、連続データが入力されます。

 開始値や増分値、種類などを変えれば様々な連続データが作成できますので、試してみてくださいね。
スポンサーサイト

2005.10.31 | Excel | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cswmoon.blog12.fc2.com/tb.php/83-1ef96242

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。