上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 先日対応したXPのPCですが、「Adobe Readerが立ち上がらなくなったので、アンインストールしようとしたらエラー終了してしまい、IEも立ち上がった瞬間落ちてしまうようになった」と連絡がありました。
 Adobe Readerは「プログラムの追加と削除」の欄には名前があるのですが、プログラム一覧には無く、アンインストールの途中終了してしまったせいで、ファイルが一部消えて、一部残っているという感じでした。

 まず、IEが立ち上がらない状態なのを、「インターネットオプション」の「詳細設定」からリセットと復元を実行し、修復しました。こちらは問題なく立ち上がるようになりました。
 で、本題のAdobe Reader。アンインストールしようとしても、「msiexec.exe」のエラー(場所はmsi.dll)がかかって、途中まで進んでも止まってしまい、きちんと消せない状態でした。

 アンインストール出来ないものは、MicrosoftのサイトからWindows Installer CleanUpをダウンロードし、それをインストールして、その画面から消す、という対応をよくするのですが、今回はそちらから消そうとしても、やはり同じエラーがかかってしまいました。同じくMicrosoftからFixitという、よくある問題を簡単に修復できるツールがあるので、それをかけようとしましたが、また同様に、アンインストールもインストールも出来ない状態でした☆

 ここでもう少しネットで調べていたところ、どうもWindows Installer自体が壊れているのが原因であるらしい事がわかったので、Nortonのこちらのサイトを参考に、コマンドプロンプトで、以下のコマンドを実行しました。(各行の最後にEnterで実行。)

     cd \windows\system32
     ren msi.dll msi.old
     ren msihnd.dll msihnd.old
     ren msiexec.exe msiexec.old
     exit

 その後再起動して、こちらのサイトから「Windows Installer 4.5 Redistributable」をダウンロードしてインストールし、再起動を行いました。

 これでWindows Installerのを入れ直しが完了し、エラーもなくAdobe Readerのアンインストールが出来るようになりましたので、削除後最新版をインストールして対応完了となりました^^

 ただ、コマンド実行時にXPのSP3のCDを入れるよう求められたので、きちんとそのCDを入れたのですが、このCDではない、とはねられてしまい、仕方がないのでそのまま続行しちゃったんですよね(笑) エラーはmsi.exeのコマンドのところだったのですが、無視した後、その後の処理は問題なく終了したのでよかったです♪
スポンサーサイト

2010.09.06 | Windows | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cswmoon.blog12.fc2.com/tb.php/512-310c63d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。