上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Excelにはカメラ機能、というものがあります。
普段は表に出ていない機能ではありますが、結構便利ですよ♪

このカメラ機能とは「リンク貼り付け」機能です。
他の場所にあるデータを、オブジェクトとして貼り付ける事が出来るので、
好きな位置に持って行ったり、サイズ変更等もできますし、
元のデータが変更されると、カメラ機能で貼り付けたデータ自体も更新されますので
複雑なレイアウトの文章を作る時なんかにも重宝しますよ^^

このカメラ機能を使うためには、以下の操作を行って下さい。

1.メニューバーの「ツール」→「ユーザー設定」を選択します。

2.ユーザー設定の画面が開いたら、「コマンド」タブに移動します。

3.左の分類欄から「ツール」を選択し、右のコマンド一覧から「カメラ」を探して下さい。

4.「カメラ」が見つかったら、それをクリックしたまま、既存のツールバーのボタンの好きな位置まで持ってきて離してください。(ドラッグアンドドロップ)

5.ツールバーに「カメラ」のボタンが追加されたら、「ユーザー設定」画面を「閉じる」ボタンで閉じて下さい。


これでいつでもカメラ機能が使える状態になりました。

使い方としては、カメラ機能で使いたいセルの範囲を選択し、「カメラ」ボタンを押します。すると、コピーを実行した時と同じように、選択範囲が点線で囲まれます。
次に、貼り付けたい位置でマウスをクリックして下さい。すると、先程の範囲がオブジェクトとして貼り付けられると思います。

その後は位置を調節したり、コーナーをドラッグしてのサイズ変更など好きなように設定を変えて利用することが出来ます。
また、削除もそのオブジェクトを選択した状態で、「Delete」キーを押せば簡単に削除することができます。


また、多少体裁は違いますが、リンク貼り付けだけを行うにはもっと簡単に行うことができます。
方法としては、利用したい範囲を選択し、メニューバーの「編集」→「コピー」(もしくは「Ctrl」キー+「C」キー)を選択します。
次に貼り付けたい位置を選択し、「Shift」キーを押しながら、メニューバーの「編集」ボタンを選択します。
すると一覧の中に「図のリンク貼り付け」という項目がありますので、それを選択します。
すると、セルの内容がオブジェクトとして貼り付きますよ^^
スポンサーサイト

2007.12.03 | Excel | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cswmoon.blog12.fc2.com/tb.php/348-2127d17b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。