上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 「コンピュータが危険にさらされている可能性があります」というメッセージがXPで表示される場合、以下の原因が考えられます。

 • Windowsの自動更新機能が無効に設定されている。
 • Windowsファイアウォール、またはその他のファイアウォールソフトがインストールされているのに有効に設定されていない。
 • ウイルス対策ソフトがインストールされているのに有効に設定されていない。
 • ウイルス対策ソフトやファイアウォールソフトが最新の状態に更新されていない。
 • ウイルス対策ソフトやファイアウォールソフトが認識またはインストールされていない。

 その他、全ての設定は正しくても、ウイルス対策ソフトの起動時や最新ファイルに更新するタイミングで一瞬だけこのメッセージが表示される場合もあります。

 対策は自分できちんと施しているので、このメッセージを表示させたくない、という場合は、以下の方法でメッセージをOFFに出来ます。

 ※ 設定前に、「コンピュータが危険にさらされている可能性があります」が以下の項目の中の、何が問題で表示されているのかを確認しておいて下さい。

  ・ ファイアウォールに対しての警告
  ・ 自動更新に対しての警告
  ・ ウイルス対策に対しての警告


 1.「スタート」ボタン→「コントロールパネル」を選択し、「セキュリティ センター」を開きます。

 2.「セキュリティ センター」の画面が開いたら、画面左の「ヘルプ」欄の一番下に「セキュリティ センターからの警告の方法を変更する」という項目があると思いますので、そこをクリックします。

 3.「警告の設定」画面が表示されたら、一番最初に確認しておいた項目のチェックをはずし、「OK」ボタンをクリックして下さい。


 これで設定は完了です。ただし、Windowsからの警告を出さなくするわけですから、メッセージOFFの設定後は自分でしっかりとセキュリティ管理して下さいねw

 参考URL:http://support.microsoft.com/kb/884360/ja
スポンサーサイト

2007.11.15 | Windows | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cswmoon.blog12.fc2.com/tb.php/342-c60a326a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。