上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 Accessのデータベースを使っていたら、いつの間にか見慣れないテーブルがたくさん出来ていて、しかもグレーになっていて消そうと思っても消えない、との相談を先日受けました。

 テーブルの名前は「MSysObjects」や「MSysACEs」、「MSysQueries」などいつくかあり、中身を表示しても心当たりが無いとのこと。

 実は、これらはAccessのシステム オブジェクトにあたり、デフォルトでは表示されない設定になっているだけでそもそも存在していたファイルなのです。

 これらの表示の切り替えはプロパティ画面から可能です。メニューバーの「ツール」から「オプション」を選択し、画面が開いたら「表示」タブに移動すれば、中に「システム オブジェクト」というチェック項目がありますので、ここで表示のON/OFFを切り替えて「OK」ボタンを押せば設定変更となります。
スポンサーサイト

2007.06.20 | Access | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cswmoon.blog12.fc2.com/tb.php/289-7fab6b32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。