上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 ごみ箱に捨てたファイルはいつでも元に戻せて便利ですが、それほど利用するものではないですよね。
 ましてや、だいぶ前に捨てた古いファイル等は滅多に元に戻す事なんて無いと思います。

 ごみ箱のファイルが元に戻せる、ということは、ごみ箱の中に入っているファイルは実際には消えておらずに、保存されている、ということですので、不必要なファイルのをたくさん残しておく様な設定は無駄ということになります。

 ごみ箱の為にWindowsが使用する領域の最大サイズは変更が可能ですよ。
 ごみ箱を右クリックして、出てきたメニューから「プロパティ」を選択し、ごみ箱の最大サイズをドラッグで指定してやればOKです♪

 ごみ箱のサイズはHDDの容量の何%かで指定しますので、容量の大きいHDDを使用している場合、ごみ箱の容量もかなりのサイズになっている事があります。
 容量を超えたファイルは古いものから削除されていきますのでご注意くださいね。


 参考URL:http://www.fwindows.com/tips/tips030110.htm
スポンサーサイト

2007.04.13 | Windows | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cswmoon.blog12.fc2.com/tb.php/265-17009ff2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。