上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 Excelの作業状態の保存って基本機能なのに、使ってない人多いですよね。
 何かの資料修正するときなど、いくつかのBookを画面上に同時に立ち上げて作業するとき無いですか?
 そんなときに「作業状態の保存」は大変便利です。保存時に開いているBookを全部、ウインドウの位置も一緒に記録して、再度開いたときにその状態を再現してくれます。

 ★ 作業状態の保存方法。

  1. 画面を保存したい状態にします。
    (作業に必要なBookを開き、作業しやすいようにウインドウの大きさや
     位置を調節します。)

  2. ツールバーの「ファイル」から「作業状態の保存」を選びます。

  3. 保存先を選択し、わかりやすい名前をつけて保存します。


 作業はこれだけです。後は出来たファイル(拡張子がxlwのファイル)を開くと、保存した時のウィンドウ状態になってくれます。
 ウインドウの状態を保存する、という意味だけでなく、たくさんの関連するファイルを一気に開く、という使い方で結構私は利用したりしています。
 使ったこと無い方は、一度試してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

2005.06.23 | Excel | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cswmoon.blog12.fc2.com/tb.php/25-b16ef92e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。