上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 以前に、CLEAN関数でセル内の改行を消す方法について書きましたが、わざわざ関数を使わなくても、もっと簡単に消す方法があります。

 方法としては、「置換」を使います。例えば、ワークシート上のすべての改行コードをなくす場合、ツールバーの「編集」から「置換」を選んで、置換の画面を出します。(ショートカットキーは「Ctrl」キー+「H」キー)

 次に、「検索する文字列」の部分にカーソルがある状態で、「Ctrl」キー+「J」キーを押します。画面上は何も変化がありませんが、これで検索文字列に改行コードが入りました。

 「置換後の文字列」には何も入れる必要がありませんので、空白のまま、あとは「すべて置換」ボタンを押せば作業完了です。これでセル内の改行がすべて削除されて一行で表示されるようになると思います。

 シート上の改行コードをすべて置換したくない場合は、「次を検索」と「置換」ボタンを使って、一つずつ確認しながら作業を行ってください。
スポンサーサイト

2006.11.06 | Excel | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cswmoon.blog12.fc2.com/tb.php/210-fc43216a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。