上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 Wordの機能に「高速保存」という機能があります。
 これは、Wordの変更点のみを別に保存していく方法で、完全保存ではないので、繰り返していくうちにファイルサイズが大きくなってしまいます。

 例えば、高速保存機能がONになっている状態で、空のBookを作成します。このときのファイルサイズが19KBだったとしましょう。

 次に、その空ファイルを開き、画像を挿入して保存します。このときのファイルサイズが140KBだったとしましょう。

 その後、また同じファイルを開いて、挿入した画像を削除して保存します。これでまた中身は空のBookになっているはずです。

 通常ならば、この時点でファイルサイズは元の19KBに戻っていそうなものですが、高速保存をしているとファイルサイズは140KBから変わらないか、増えているかのどちらかになります。

 これは、2度目に保存した140KBのファイルから、「削除」という変更が加わって保存されるためです。

 ですので、高速保存を利用する際にはこの辺りのことも踏まえて利用する方が良いと思います。
 完全保存をする場合には、ツールバーの「ツール」→「オプション」でオプション画面を開き、「保存」タブにある「高速保存」のチェックを外して「OK」ボタンを押してこの機能をOFFにし、再度ファイルを保存し直してください。 
スポンサーサイト

2006.10.17 | Word | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cswmoon.blog12.fc2.com/tb.php/203-09b1310a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。