上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 Accessの基本ですが、フォームにボタンを作って、そのボタンを押すことにより、別フォームやレポートを開く事が出来ます。
 いろいろな方法がありますが、わかりやすくマクロで開く方法を紹介します。

1. オブジェクト欄の「マクロ」を選択し、「新規作成」ボタンを押して、新しいマクロを作成します。

2. アクションを選択します。フォームを開きたい場合は、「フォームを開く」を選択。レポートを開きたい場合は「レポートを開く」を選択してください。

3. 画面下の「アクションの引数」で、フォームを開くを選択した場合は「フォーム名」に開きたいフォームの名前を、レポートを開くを選択した場合は「レポート名」欄にレポートの名前を指定します。

4. マクロに名前をつけて保存します。

5. ボタンを作成したいフォームをデザインビューで開きます。

6. 「ツールボックス」の「コマンドボタン」を押してから、ボタンを作成したい場所で、適当な大きさにドラッグして、新規にボタンを作成します。

7. 「コマンドボタンウィザード」が表示されるので、とりあえずキャンセルで消しちゃってください(笑)

8. 出来たボタンを右クリックして、メニューからプロパティーを選びます。

9. 「すべて」のタブに切り替え、「標題」欄でボタンに表示される名前をわかりやすい名前に変更します。

10.プロパティーの下の方(一番下から8個目くらい。)の「クリック時」欄にカーソルを持ってくると、横に▼が表示されるので、それをクリックし、出てきたリストから、先ほど作成したマクロを選びます。

11.フォームビューに切り替えて、実際にボタンを押してみて、動きを確認してみてください。


テーブルを開く、クエリを開くなども基本は同じです。マクロを作成する際、「マクロ名」という列を表示し、そこに名前を付けると、たくさんのマクロを作る際には便利です。マクロを作成する際には、同じメニューのマクロなどは一つのマクロで登録し、中のマクロ名で分けるようにした方がわかりやすいと思います。

2005.06.18 | Access | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cswmoon.blog12.fc2.com/tb.php/19-bc4787cf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。