上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 作成済みの表で、特定の列が空白の行だけ削除したい場合などは以下の方法が便利です。

 例えば、コード表があるとしましょう。A1からB30まで使った表があるとして、A列に商品コード、B列に商品名、C列に単価が入っています。

 そのコード表で不要なコードを削除していき、最後にA列が空白の行はまとめて削除する作業を行う場合は、ジャンプ機能を使います。

 まず、削除対象の範囲ですが、この場合は表のA列の部分だけ選択してください。つまり、A1~A30までを選択します。

 次に、ツールバーの「編集」から「ジャンプ」を選択します。「Ctrl」キー+「G」キーでもOKです。

 「ジャンプ」の画面が出たら、左下の「セル選択」ボタンをクリックします。すると「選択オプション」の画面が開くので、「空白セル」にチェックをつけて「OK」ボタンを押してください。

 すると、A列の空白セルのみ選択されると思うので、選択されているセルの上で右クリックし、出てきたメニューから「削除」を選択します。「削除」画面が表示されたら、「行全体」にチェックをつけて「OK」ボタンを押します。

 これでA列が空白の行だけが削除されると思います。
スポンサーサイト

2006.08.28 | Excel | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cswmoon.blog12.fc2.com/tb.php/185-72fcda99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。