上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 表などを作成していて、一行おきに背景色を変えて、行をわかりやすくしたい場合は、条件付書式を使うと便利です。

 方法としては、まず、一行おきに背景色を設定したい表などの範囲全体を選択します。

 次に、ツールバーの「書式」から「条件付書式」を選択します。
 「条件付書式の設定」画面が出てきたら、「セルの値が」となっているリストの部分を「数式が」に変更します。

 変更できたら、その横の入力欄に数式を入力するわけですが、偶数行に色をつけたい場合は「=MOD(ROW(),2)=0」、奇数行に色をつけたい場合は「=MOD(ROW(),2)=1」と入力します。
 ※「」は要りません。イコールから入力してください。

 式が入力できたら、「書式」ボタンを押して、「パターン」タブから背景色を選ぶなど、お好きな書式を設定してください。

 OKボタンを押せば設定完了です。


 理屈としては、ROW関数で何行目かを求め、それを2で割ったときのあまりをMOD関数で算出しています。あまりが0であれば偶数行、1であれば奇数行と判断して、その条件に当てはまったときだけ指定した書式が適用される、というものです。

スポンサーサイト

2006.07.13 | Excel | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cswmoon.blog12.fc2.com/tb.php/170-9d882b44

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。