上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 VBAの記述は「Alt」キー+「F11」キーを押せばMicrosoft Visual Basic Editorが開いて見ることが出来ますが、他の人に自分が作ったデータベースを渡す場合など、記述を見たり編集して欲しく無い場合は、プロジェクトに保護をかけて、パスワードを設定する方法があります。

 パスワードの設定方法としては、Visual Basic Editorを開いて、ツールバーの「ツール」→「○○○○のプロパティ」(○○○○はオブジェクト名)を開きます。画面が開いたら、「保護」タブに移動して、「プロジェクトを表示用にロックする」のチェックボックスをONにして、「プロジェクトのプロパティ表示のためのパスワード」欄でパスワードを設定して「OK」ボタンを押します。設定が終わったら、一度ファイル自体を閉じて開き直せばパスワードが有効になります。

 パスワード設定後は、Visual Basic Editor自体は開きますが、プロジェクトエクスプローラからVBAの記述を参照しようとすると、パスワードを求めてきます。これでパスワードを知らない人に記述を参照されるのが防げると思います。
スポンサーサイト

2006.04.13 | Access | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cswmoon.blog12.fc2.com/tb.php/140-f458cd97

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。