上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 通常、文字に下線を引く場合は「」のボタンを押しますよね。ショートカットで言えば、「Ctrl」キー+「U」キーになるわけですが、これだと、空白部分にも下線が引かれてしまいます。

 空白部分には下線を引きたくない場合、ツールバーの「書式」から「フォント」を選び、「下線」のリストから、「一重線(空白以外 下線)」を選べばいいわけですが、これをショートカットで実行する場合は「Ctrl」キー+「Shift」キー+「W」キーとなります。

 例えば、「あああ」という文字に通常の下線(Ctrl+U)を引いた場合、当然「あああ」となるわけですが、ここに空白を挿入した場合、「あ ああ」となります。
 これが空白以外下線(Ctrl+Shift+W)だと、空白が無い場合同じように「あああ」と表示されますが、空白を挿入してみると、「 ああ」となるわけです。

 状況によって、使い分けてみてください。
スポンサーサイト

2006.03.02 | Word | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cswmoon.blog12.fc2.com/tb.php/125-0d9fd065

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。