上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 例えば、罫線の代わりに、セルいっぱいにアスタリスク(*)を表示したいときってありますよね。
 もちろん、セルにアスタリスクをたくさん打ち込んでも良いんですけれど、
 書式設定にちゃんと、そういう機能ってあるんですよね。

 例えば、A1セルにアスタリスクを1つ入力します。その後、そのセルを右クリックし、出てきたメニューから「セルの書式設定」を選択。「配置」タブに移動し、「横位置」のリストから「繰り返し」を選んで「OK」を押すだけで、アスタリスクがA1セルいっぱいに表示されます。

 もちろん、セルの幅を変えれば、その幅いっぱいに表示されます。(横位置の設定なので、セルの高さを変えても、高さいっぱいには表示されません)

 文字一つだけではなく、文章を打ち込めば、その文章が幅いっぱいに繰り返して表示されます。ただし、きちんと繰り返し出来る幅が無ければ、キリのいい繰り返し部分までしか表示されません。
スポンサーサイト

2005.12.26 | Excel | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cswmoon.blog12.fc2.com/tb.php/103-9919c61b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。