fc2ブログ
 障害をお聞きしたPCで、「プログラムの追加と削除」を起動しようとしても、一瞬は画面に表示されるが、すぐ画面が消えてしまう、というものがありました。

 原因を調べてみると、こちらのサイトで「BearMouse」というのが原因との記述を見かけたので、該当PCを見てみると、確かにインストールされてました。

 常駐しているBearMouseのアイコンを右クリックして、「アプリケーションの終了」からBearMouseを終了させ、試しに「プログラムの追加と削除」を起動してみると、きちんと開き、確かにこのアプリケーションが原因だということがわかりました。

 対応方法としては、BearMouseの環境設定から、ウインドウ除外、という機能を有効にし、そこにプログラムの追加と削除の項目を追加してやれば良いそうですよ^^
スポンサーサイト



2007.10.12 | Windows | トラックバック(0) | コメント(0) |