上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |




 選択した列で、アクティブセルと異なる値のセルを選択したい場合は、「Ctrl」キーと「Shift」キーと「\」キーを同時に押せば、選択することが可能です。

 例えば、上図の場合、性別の列を選択したとき、アクティブセルの値は「男」ですよね。
 なので、「Ctrl」キーと「Shift」キーと「\」キーを押した場合、アクティブセルの「男」じゃないセル、つまり、「女」のセルが選択されるわけです。

 この例で、「男」の方を選択したい場合は、セルを選択した後、Tabキーでアクティブセルを「女」のセルに移動してから、上記のショートカットを使えば選択できます。

 このショートカットは列の場合ですが、行で同様の操作をしたい場合は、ショートカットは「Ctrl」キー+「\」キーのみでOKです。


 ※ このブログでの「\」キーとは、「¥」が印刷されているキーの事です。
スポンサーサイト

2006.02.28 | Excel | トラックバック(0) | コメント(0) |

 私はATOKユーザーなんですけど、これ、よくかかってたんですよね。普通にWordを終了しているだけなのに、こんなエラーが出るんです。

"0x44e27780" の命令が "0x01301e94" のメモリーを参照しました。メモリーが "read" になることはできませんでした。
プログラムを終了するには、[OK] をクリックしてください。

 これはXP環境のメッセージで、MEなら、こんなエラーメッセージがでます。

Winword が原因で MSGR2JP.DLL にエラーが発生しました。
Winword は終了します。 問題が解決しない場合は、コンピュータを再起動してください。

 文章校正エンジンよりも先に日本語入力システムが終了したらこのエラーが起こるそうなんですが、別に無視しちゃっても大丈夫みたいです。
 でも、文書校正機能をOFFにすれば現象を回避出来るので、気になる方はどうぞ。
 MEならWordのオプションから「自動文書校正」をOFF。XPなら、コントロールパネルから、プログラムの追加と削除でWord2000(Office2000)を選び、機能の追加/削除から、「Office ツール」の中にある「文章校正ツール」を「インストールしない」にして「完了」ボタンでOKです。

 参考URL:http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;JP416709

2006.02.24 | Word | トラックバック(0) | コメント(0) |

 なんと!Accessにも条件付き書式が設定できたんですね!今まで全然気づいてませんでした(^^;)

 フォームやレポートをデザインビューで表示してやると、ツールバーの「書式」にある「条件付き書式」が設定できるそうです。

 Access2000以降の機能らしいですが、これ、便利ですね~♪これから活用させていただこうと思います(*^-^*)


 参考URL:http://www.relief.jp/itnote/archives/000481.php

2006.02.22 | Access | トラックバック(0) | コメント(0) |




 ▲や▼は「さんかく」と入力したらすぐ出てきますが、横向きの▲を入力する場合、下記の方法で入力できますよ。

 まず、▲を入力し、その「▲」をマウスでドラッグして選択します。そのまま、その▲のフォントの前に「@」を入力すればOKです。

 つまり、▲のフォントがMS明朝だった場合は、▲をドラッグした後、書式設定ツールバーの「MS明朝」と表示されている部分の前に、「@」をつけ、「@MS明朝」とするわけです。

 フォントの前に「@」をつけてやると、その文字が縦書きになりますので、それを利用しているわけですが、▲の後に続く文字を、また通常の横書きに戻す場合は、フォント名から@をとることをお忘れ無く(笑)

 ▲ではなく、▼で上記の方法をとれば、当然右向きの三角が入力できます。

2006.02.20 | Word | トラックバック(0) | コメント(0) |

 データだけを入力した表に、後でオートフォーマットで表の書式を設定したい時なんか、表の範囲を簡単に選択できたら便利ですよね。

 そんなときは、表の中のセルをどこか選択して、「Ctrl」キーと「Shift」キーと「:」のキー(ひらがなの「け」の書いてあるキー)を押してみてください。

 データが連続して入っている範囲を自動認識して、表の範囲を選択出来ると思います。

 間に空白行や空白列が含まれていると、きちんと認識出来ませんが、それ以外の表であれば、結構使えるとおもいますよ♪

2006.02.16 | Excel | トラックバック(0) | コメント(0) |

 条件によって、書式を変更するのは条件付き書式になりますが、フォントの色を変更するなど、簡単なものであれば、ユーザ定義の書式でも設定出来ます。

 通常、ユーザ定義で文字の色を指定する際、セミコロンで区切りながら、正の数の書式;負の数の書式;ゼロの書式;文字列の書式 の4つまで書式を順番に設定出来ます。

 例えば、この様に設定します。

 例) 正の数は青色の文字で表示
    負の数は赤色の文字で表示
    ゼロは黒色の文字で表示
    文字列は紫色の文字で表示したい場合。

 → 設定したいセルを右クリックし、出てきたメニューで「セルの書式設定」を選択。
   「表示形式」タブの「分類」で、「ユーザ定義」を選択し、右側の「種類」欄で、「G/標準」となっている部分を下記のように変更して「OK」ボタンで確定する。

  [青];[赤];[黒];[紫]

 これで設定は完了です。上記は文字の色のみですが、カンマ区切りなどの指定も一緒に出来ます。

 例えば、正の数と負の数は、カンマ区切り「#,##0」にしたい場合、

  [青]#,##0;[赤]#,##0;[黒];[紫]

 と設定してやればOKです。
 書式を一つしか設定しなかった場合は、すべての値にその書式が使われます。
 非表示にする場合は、各書式に何も入力せずにセミコロンのみを入力します。
 つまり、;;;なら、すべてが非表示となります。

 また、正と負の書式の代わりに条件を指定してやれば、条件付きの表示形式が設定出来ます。

 条件は3つまで指定できますので、例えば、数値を「#,##0」形式で表示し、値が1000以上ならば、青色の文字で表示し、100より下なら赤色で表示し、それ以外ならば黒色で表示したい場合、

  [青][>=1000]#,##0;[赤][<100]#,##0;[黒]#,##0

 と設定してやればOKです。

 指定できる文字の色は[黒][青][水][緑][紫][赤][白][黄]の8色となります。

 参考URL:http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb%3Bja%3B883199

2006.02.14 | Excel | トラックバック(0) | コメント(0) |

 Photoshopで編集中に、ツールやナビゲータパレットなどが邪魔になることないですか?選択したい部分が、ちょうどツールパレットの後ろになっていて作業がやりにくいことってたまにありますよね。

 そんなときは、Tabキーを押してみてください。画面上のパレット類が非表示になりますので、とても作業がしやすいと思います。

 元に戻すにはもう一度TabキーでOK。これはPhotoshopに限らず、Illustratorでも使えますので、試してみてくださいね。

2006.02.10 | Photoshop | トラックバック(0) | コメント(2) |



 最近よく聞く架空請求の葉書が、私の家にも届きました。葉書には、「民事訴訟特別通達書」との記載が。。。 これ、会社の同僚にも届いたって聞いていたので、家族にも「だまされないようにね」ってゆっておいたのに、一番最初に葉書をみた母なんかは、ちょっと焦ったそうですw

 はっきり言って、でたらめな文面。「プライバシー保護の為、ご本人様からご連絡頂きますよう」なんていっておきながら、こんな内容を家族にもバレバレになっちゃう葉書で連絡してくること自体が変だよねぇ。ちなみに、裁判所から実際にくる通知は「特別送達」で送られてくるそうです。現金書留みたいに、郵便局の人が手渡しし、その際に印鑑やサインを求められるらしいですよ。封書で「特別送達」というスタンプが押されて来るので、葉書とか普通郵便で来ることなんて無いそうですので、こんな葉書が届いた場合は無視しちゃってください♪ フリーダイヤルだからって、決して電話なんかかけないようにねw

 家族が心配するといけないので、この葉書の事、ちょこっと調べたら、文面は似ているけど、ちょこっと変えられてる葉書が多いようです。 請求してきてる「民事管轄支局 民事管理事務所」(もちろん架空の会社ですよw) のところも、いろんな名前があるようですし、同じ名前でも、住所が微妙に違っていたりして笑えました。だって、その葉書の画像並べてみてたら、霞ヶ関1丁目1番地5号とか、5丁目1番地3号とか、なんでそんな近いとこに、短期間で転居繰り返すねん!って感じです☆あとは、電話番号の記載されている位置がちょっと違ったり。そんな位置直すくらいなら、もっとマシな文面でも考え直せばいいのにねぇ。

 被害報告がまだ少ないのであれば、警察に資料として提出してもいいのですが、今回の件はもう警察や消費生活相談窓口も嫌と言う程報告聞いていると思うので放っときま~す(・∀・)人(・∀・) みなさまもこういう手口には、ご注意くださいマセ。

2006.02.08 | diary | トラックバック(1) | コメント(0) |

 ツールバーの「クイック起動」にはデスクトップの表示のショートカットアイコンがありますが、そのアイコンを使わなくても、キーボードでも表示は可能です。

 キーボードにWindowsのマークが描いてあるキーがありますよね。その「Windows」キーと、「D」のキーを一緒に押してみてください。デスクトップに切り替わると思います。

 もう一度「Windows」キーと「D」のキーを押せば、元の画面に戻ります。

 普段から押し慣れていると、パソコン使ってる自分の後ろを人が通り過ぎた時とか、画面見られたくない場合にすぐ切り替えられるから結構便利ですよw

2006.02.06 | Windows | トラックバック(1) | コメント(0) |

 文字列として入力されている「123」などの数字を、単純な数値にしたい場合、下記の方法で可能です。

 1.書式が何も設定されていないセルに数字の「1」を入力。
 2.そのセルをコピー。
 3.数値に変換したい文字列が入っているセルを選択。
 4.ツールバーの「編集」から「形式を選択して貼り付け」を選択。
 5.出てきた設定画面で、「貼り付け」は「値」にチェックをつけ、
   「演算」は「乗算」にチェックをつけて「OK」ボタンを押します。

 作業は以上です。あとは最初に入力した「1」はもういらないので削除して完了です。

 これは以前に紹介した、ハイパーリンクを一気に削除する方法と基本的に同じ方法です。

2006.02.02 | Excel | トラックバック(1) | コメント(0) |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。